便秘になってしまう原因とは

食物繊維が含まれる食品

便秘外来に行くと、食物繊維が含まれている食品を教えてもらえます。
食物繊維とは、身体の中で便を作り出す栄養のことを言います。
イモやニンジンなどの根菜類に多く含まれているので、毎日食べましょう。
健康や美容のことを考えて、ダイエットに取り組んでいる人が見られます。
ですがダイエットが原因で食べる量が少なくなり、体内で上手く便を作れなくなってしまいます。

それが便秘に繋がるので、食物繊維を摂取してください。
食物繊維を摂取していれば、便をたくさん作り出せるので便秘になる心配はありません。
1日、12グラム程度の食物繊維を摂取しましょう。
食品だけで摂取するのが難しかったら、サプリメントでも良いと医師は言っています。

水溶性食物繊維を摂取する

水溶性の食物繊維を摂取することで、便をたくさん作れます。
食物繊維を摂取するのは良いですが、不水溶性の食物繊維ばかりではバランスが悪くなります。
根菜類には、不水溶性の食物繊維が多いです。
水溶性食物繊維は、ワカメやコンブなどの海藻類に多く含まれます。
食物繊維の種類をしっかり知ってから、メニューを考えてください。

便秘外来に行って医師に相談すれば。
食物繊維の種類ちゃんと教えてくれるので大丈夫です。
これまで栄養のことを深く考えないで、メニューを考えていた人が多いでしょう。
ですが、栄養のバランスが悪くなることで便秘になります。
医師に、おすすめのメニューを聞いてください。
毎日必要な栄養を摂取すれば、便を上手く排出できます。


この記事をシェアする